御朱印帳ならぬ、御湯印帳が欲しい!と思ったら。

こんにちは!温泉ソムリエeriです。

皆さんは、温泉へ訪れたとき「感想」は何かに記録していますか?

私の温泉記録ツール。

約2年前までの私は、アメーバブログに行った場所と感想を残していました。しかし、そのアメーバブログは毎日の日記のようにも使っていたので、何を食べた・誰と遊んだとかそんなことも書いていました。

そんな時に“温泉記録だけのHPが欲しい”と思い、このサイトを作りました。

なので、記録ツールは、もっぱらこのサイトです。

各SNSの使い分け。

ツイッターやインスタグラムのストーリーズでは、リアルタイムに「今草津温泉にいます!」などと更新をしています。

訪れた場所の中でも、人にオススメしたい温泉をこのサイトやインスタグラムへ更新しています。

私にとってSNSとは。

「最近行ってよかったところある?」と聞かれた時に、宿の名前が思い出せないことも多いので(笑、

そんな時は「ちょっとまって、今インスタ見るから」と言って、インスタグラムの自分のアカウントの写真一覧を見て「そうそう、●●ってところが…」と、写真も交えて話し続けています。

私にとってインスタグラムやこのサイトは、温泉メモリアルそのものなんですよね。

あと温泉業界での、私の夢や叶えたいこと、最近感じたことなどもサイトに綴っているので私の脳内のまとめサイトのような役割もしています。

SNSが苦手な父。

先日の記事で、一番身近な“温泉好き”として、父の話をしました。

私の父は、私よりもうーんと早くから“温泉好き”で、他にもゴルフやラーメン屋巡りが好きなのですが、記録を全くしません。だから「行ったこと」は覚えていてもそこが「どうだった」とかは細かに覚えていないのです。娘の私からしたら経験の持ち腐れ(言い方ひどいですが笑)のように感じています。

一緒に温泉へ行った時は、帰り道に「お湯がどうだった」とか「星4つ!」など評価や感想を語り合うこともあるので、その感想を何かに残しておけば、父自身の思い出としても残るのになあ。と思うのですが、施設外観の写真を“撮る”とか、都度SNSに“更新”するとかは忘れちゃうようで。。

(おじいちゃんのように書いていますが、まだバリバリ働いている52歳です笑)

スタンプ集めが好きな父。

ただ、スタンプラリーのようなものは好きなんですよね。

以前、東京〜山梨に加盟旅館を持つ【大多摩湯めぐりスタンプラリー】の用紙をいただいた時には「締め切りまでに必ず全ての温泉に行かなくては!」となぜかハリキリ、指定された6か所の温泉に入りしっかりと景品をもらっていました。笑

(スタンプラリー用紙を紛失したかも、という時には血眼になって探していたほど笑)

父のために“御湯印帳”を作ろう!

そこで思ったんです。

父は、SNSなど若者向けのツールは苦手かもしれないけど、温泉施設に行ってスタンプをもらうということに対して、苦手意識がないのではなかろうかと。

(もはや好きなことかもしれない!)

と、いうことで。

御朱印帳のようなものがあれば、行った場所を記録しながら湯めぐりを楽しめるのではないかと思いついたんです。

集まったスタンプを見返したり、スタンプの空いたスペースに一言ずつ感想を書けたりしたら、今よりもっと湯めぐりを楽しめるのではないか!

「そうだ!御朱印帳ならぬ、御湯印帳だ!」と商品名まで考えて、早速調べて見ました。

そしたら、

すでにありました!!!爆

それがこちら↓↓

画像:http://www.88onsen.com/info/join

デザインがめちゃくちゃ可愛いこちらは、「九州八十八湯めぐり」のスタンプ帳の呼び名だそうです。

対象施設の名称がスタンプ帳に記載されていて、入湯した際に名称のある場所にスタンプをもらっていくシステムだそうです。

MEMO
対象施設は、数ある九州の温泉の中から、温泉名人たちを中心として組織する「九州八十八湯選定委員会」が厳選した、泉質にこだわった「ホンモノ」の湯です。
引用:九州八十八湯めぐり

残念ながら商品化に至らず。

私の想像していた【御湯印帳】は、従来の御朱印帳のように、白紙のノートに行った場所のスタンプ(サインでも)をもらい集めていくものだったので、九州の【御湯印帳】とは形式が異なるのですが、商品化するとパクリになっちゃうので。

今回は父のために【eri特製・御湯印帳】を手作りして、プレゼントしてあげようと思います(笑)

それにしても、この「九州八十八湯めぐり」のスタンプ帳!可愛いので私も欲しいなあ。

九州は、母の実家があり帰省の際に温泉めぐりを楽しむのにぴったりなので、ぜひゲットしたいと思います☆