MENU
旅の記録

移動の概念が変わる!【観光列車しまかぜ】で京都から伊勢神宮へ

こんにちは、温泉ソムリエeriです。

春に、近鉄の観光列車に乗ってきました。
初めての観光列車ブログですよ〜^^

みなさんは観光列車って乗ったことありますか?

わたしはね、正直今まで『移動=苦痛』って思っていて『移動を楽しむ』っていう概念があまりなかったのもあり、観光列車とは無縁に生きていました。

そんな私が『しまかぜ』に乗ってみて、人生で初めて「あーもう降りるのかぁ…」と渋々下車をしました笑。

今日はそのもっと乗っていたくなる観光列車『しまかぜ』をたっぷり紹介します!

しまかぜとは

近鉄特急『しまかぜ』は名古屋・大阪・京都から賢島まで走る観光列車です。

運行区間図(引用:公式HP)

今回わたしは京都駅〜伊勢市駅(伊勢神宮)の区間を乗車しました^^

近鉄特急は、近畿日本鉄道が運行している有料特急列車の総称です。しまかぜ以外にも、

  • ビスタEX
  • アーバンライナー
  • 伊勢志摩ライナー
  • ひのとり
  • さくらライナー
  • あをによし
  • 青の交響曲(シンフォニー)

がありますよ。

車両紹介

ひゅう〜!かっこいいですねえ〜!

こちらがしまかぜです。6両編成で、

  1. プレミアムシート(展望車両)
  2. プレミアムシート
  3. カフェ車両 ※
  4. サロン/個室 ※
  5. プレミアムシート
  6. プレミアムシート(展望車両)

となっています。

※カフェ車両とサロン/個室車両は進行方向によって替わります。

しまかぜは、伊勢志摩の晴れやかな空をイメージして車体カラーは青がテーマとなっています。志摩に吹く風の爽やかさからロゴ・ネーミングが決定したそうです。

座席紹介

それでは座席の紹介をしていきますね!座席は3タイプあります。

  • プレミアムシート
  • サロン席(4〜6名用)
  • 個室(3〜4名用)

個室は3〜4名用、サロン席は4〜6名用となっているので、1〜2名では利用することが出来ません。人数分の料金を払えば利用出来るそうですよ!

プレミアムシート


今回利用したプレミアムシートです。3列タイプです。座席の前後間隔が125cmと超広いのがポイント!シートは本革が使われて高級感があります。ふかふかで、最高の座り心地です。座席にはコート掛け・読書灯・電動のフットレスト付き。もちろんコンセントも全席付いております。

前の座席についている背面テーブルの他にも、アームレストの中に隠しテーブルもあり。ミニテーブルとしても、広げて大きくしても使えます。そしてかわいい木目調!ブラインドも開け閉め自由です。わたしは外が見たかったので開けっぱなしにしていました。窓が大きい列車って良いですよね〜!

さらに…驚くべきことに座席にマッサージ機能が付いているのです!マッサージしながら電車移動なんてしたことも聞いたこともなかったので感動してしまいました。座席のおすすめはプレミアムシート先頭車両の1番前!

先頭の展望車両は迫力満点!

 

車内紹介

カフェ

カフェは出発15分後くらいに車内アナウンスで案内がありました。席数が少ないので、必ず利用したい方は早めに行くと良いですよ!

しまかぜ名物の松坂牛カレー1,400円(ミネラルウォーター付き)ちょっとピリ辛です。

食後はスイーツセット1,200円。ドリンクと焼き菓子がついています。ケーキは有名なパティシェの方のものだそう。すっっごくおいしかったので納得!これは是非食べてもらいたい!

何より車窓を見ながらの食事って美味しさ増し増しになる気がします。

お手洗い

トイレ
トイレ内装

食事の後は車内探検に。お手洗いは広く、パウダールームもあります。

ロッカー

無料で使えるロッカーもあります。スーツケースも入りそうな大きさでした。

しまかぜ乗車感想

観光列車『しまかぜ』はいかがでしたか。

こちらはお土産にいただいた記念乗車証です。嬉しいサービスですよね。本当に素晴らしい時間を過ごせたので、『しまかぜ』のキーホルダーも購入して現在愛用しています^^

冒頭にも書きましたが、『移動=苦痛』というわたしの中の方程式がいい意味で崩れ、『移動=楽しむもの』と新しい概念を植え付けてもらいました。新幹線でもバスでも電車でも、基本的に『移動中は寝る時間』と思っていたのですが、ふかふかの座席で美味しい食事、素晴らしい車窓…と寝ている時間が惜しいくらい移動が楽しく感じました。


今回しまかぜ下車後に伊勢神宮にへ行きましたが、この旅行は「しまかぜに乗ること」がメインだったかも…と旅のテーマが後々に変わってしまうほど、わたしにとって新鮮で新しい発見でした。

旅のテーマは人それぞれ。わたしのように「この温泉に浸かりたいから」と温泉をテーマにする人もいるだろうし、観光地や景色、美味しいグルメ、神社仏閣…。もしくは「自然の中で癒されたい」「リフレッシュしたい」など気分を変えるために旅行をする人もいます。それに加えて「観光列車に乗ること」が旅のテーマとして成り立つんだなあって、今回の旅を通して感じました。

早速図書館で観光列車のガイドブックを借りてみたら、日本にはすっごくたくさんの列車が走っているんですね。『行きたい温泉』だけでも数が多くてすべて行けるか心配だったのに、『乗りたい観光列車』も増えてしまいました。

またこちらでも観光列車に乗れたら紹介しますね。

動画で楽しみたい方はこちら

動画だとよりしまかぜが楽しめると思います!ぜひ見てみてください^^

ネット予約のコツについて詳しく解説しました!

よかったらこちらの記事も参考にしてくださいね。

しまかぜ予約はいつから?ネット予約のコツと手順を詳しく紹介!こんにちは!温泉ソムリエeriです。 きのう、観光列車しまかぜの紹介をしました。切符を取るコツや手順のご質問をいただいたのでこちら...
ABOUT ME
温泉ソムリエeri
温泉愛好家。温泉旅を楽しむ天才。主に執筆業。2013年「温泉ソムリエ」取得。1990年生/東京在住/エステティック専門学校卒。温泉と美容の知識を合わせて温泉の美容力を提唱。温泉街の楽しみ方を発信。ミッションは「温泉街活性化」「温泉で癒される人を増やす」