旅の記録

東京調布から新島へ飛行機で行ってきた!小型機って揺れる?狭い?【フェリーV.S.飛行機アクセス比較まとめ】

こんにちは!温泉ソムリエeriです。
去年に引き続き、今年も「新島」へ行ってきましたー!!!


いやもう最高すぎます、、

昨年は高速ジェット船で行きましたが、今年は飛行機で行ってきました!

飛行機体験レポを交えつつ、フェリーとの比較をまとめたので参考にして頂ければと思います^^

新島ってどんなところ?簡単な紹介

新島は、伊豆諸島(伊豆七島)の一つです。“伊豆”と名前にありますが、静岡県ではなく東京都です!東京都なんですよー!!(元々は静岡県の所属が東京都の所属になったらしいです!)
そして…車のナンバープレートはなんと品川!!

新島式根島 場所

新島は「東京都新島村」という住所で、お隣の式根島と2島あわせて新島村。人口は約3000人。サーファーの方に人気のビーチもあります。

【新島へ行ったことのない人へ】新島がなぜオススメなのかを語りましたこんにちは!!!温泉ソムリエeriです。 心を癒すため、3年連続今年も新島へ行ってきました♡ 初めての新島(...

東京⇔新島の行きかたは3通り。

パスポートのいらないリゾート地として親しまれている新島。

東京から新島へのアクセスは3通りあります。

  • 竹芝桟橋から高速ジェット船
  • 竹芝桟橋から大型客船(夜行便)
  • 調布飛行場から飛行機
出典:http://niijima-info.jp/

(非常にわかりやすい画像だったのでお借りしました)

東京以外だと、静岡県下田市からフェリーで行くこともできます。

東京⇔新島のアクセス比較表

フェリーと飛行機の行き方の表を簡単にまとめてみました。

飛行機は料金が高いけれど早い!所要時間はなんと片道約35分。1~2泊と短い滞在なら飛行機オススメですよ。

飛行機高速ジェット船大型客船
会社新中央交通東海汽船東海汽船
所要時間約35分約2時間30分約8時間30分
大人/片道料金約14,000円約9,410円約5,220円〜14,610円
便数1日3便1日1便1日1便(夜行)
出発場所調布浜松町浜松町

※2018年9月24日の便数です。
※大型客船の料金は座席によって変わるようです。

飛行機で新島へ行ってきたよ!体験記

ではでは、今回は飛行機で行ってきたので体験レポをしたいと思います!!

「調布飛行場」へ到着!

新島までの出発地、「調布飛行場」へ到着です。
調布飛行場までのアクセスは、下記の駅から路線バスかタクシーを利用します。

  • 京王線・調布駅
  • JR中央線 三鷹駅
  • JR中央線 武蔵境駅
  • JR中央線 武蔵小金井駅

調布駅(片道約3.6km)、武蔵境駅(片道約4.5km)が便利で良いと思います。
>>詳しくはこちら

搭乗手続きは出発30分前までに!

18/9/22の新島行きの飛行機は、3便でした。

  • 8時30分発
  • 11時00分発
  • 15時00分発

私の出発時刻は15時00分。30分前までに飛行場へ向かい、搭乗手続きをしました。ネットで予約&決済をして、念のため「搭乗手続き表」を印刷して持参しました(特に必要なかったみたい)。カウンターで名前を告げて、受付表に氏名や体重を書きました。

荷物は5kg以内が無料!

預ける荷物に個数の制限はないそうですが、預ける荷物・機内持ち込み荷物を全部合わせて5kg以内が無料の範囲内。

荷物少ない派の私は「余裕でしょう〜」と思って計ってみたら7kg弱でした笑。5kgオーバーしたので追加代金をお支払いしました。

搭乗手続きの後はひたすら待ちます

 

調布飛行場は展望台があります

2階には展望台があるので、飛行機の離発着をひたすら眺めていられます。自販機もあるので見送りやお迎えの方もここで待っていられます。

飛行機の座席は乗る直前に発表!

出発時間が近づき保安検査場で「新島行きの方〜」と呼ばれて、荷物検査などを行います。いよいよ飛行機へ!!席は、飛行機に乗る直前に発表。1列目の方から「鈴木さん〜」などと名前を呼ばれて乗っていく…というシステムです。(驚き!)

席順は、乗客の体重を基に、左右バランス良くなるように決めているそうです。右側だけ重いとかダメですもんね。

座席はほぼ全員が窓際です。

飛行機…とはいえ小型機のため定員は19名!窓側に席が並んでいて真ん中が通路なので、ほぼ全員が窓席です!(後方は3席横並び)

私は前から4列目。翼らへんでした。

機内の様子

座席の狭さはこのくらい。足が長い方は狭く感じられるかも。(でもまあ30分の飛行なのでね)

ドリンクホルダーとかそういう設備的なものは一切なし!前座席のポケットに安全のしおりと離島MAPが入っていました。

これ意外と読むの楽しかった。

出発時刻になると、飛行場スタッフの方が「いってらっしゃーい!」と勢いよくドアを閉めて、パイロットさんがマイクでご挨拶をして出発。機内にはCAさんなどもいないので「あ、こんな感じで出発なんだ!」とバスツアーのような親しみやすさ笑。

ドキドキわくわく!超楽しかった空の旅。

調布飛行場を出発して、すぐに味の素スタジアムが見えました。そして、調布駅周辺・多摩川まで見渡せる!!多摩地域在住にとって馴染み深い多摩川です。こんな高さから見下ろせることなんてないから超楽しかったー!!

上空から見たよみうりランド

これは、小中学校の時に行きまくったよみうりランドではないですか〜〜!!!園内の「バンデット」も観覧車もプールもぜ〜んぶ見えちゃう!

江ノ島までくっきりはっきり見えました。こんなに近くで空から見る機会なんて、絶対ないからすっごく楽しかった!!!

あっという間に海の上、そして雲の上。雲の上の時間はすごく短くて、後はずっと海の上だった。あれ利島かな、あれ大島かな、って色々な島々が次々にあらわれるのです。もう本当に楽しかった。

少しの揺れにもビビる

風が強かったからかちょっと揺れたのが怖くて、妹の腕を握りしめた私…。(お姉ちゃんしっかり!!笑)

新島空港に到着〜!

往路は35分くらいで到着!荷物を受け取って新島へ上陸〜〜!!!

新島飛行場はお土産ショップがあります

新島空港には、ちょこっとしたお土産ショップがありました。帰りはここでお土産を購入。復路はなんと31分で到着!揺れはちょっとだけ怖かったけど、あっという間すぎてもうすっごく便利でこれからは飛行機で行くだろうなあ…と思いました。

高速ジェット船で新島へ行ってきたよ!体験記

次は高速ジェット船の体験記事でございます。高速ジェット船は、7時45分発で大島や新島を経由して神津島行きのものです。


朝出発以外だと夜行便もあるので、金曜日夜22時頃出発→朝到着して週末エンジョイするのもいいですよね。

船のラッピングは全部で4種類あるそうで、私が乗船したのは「大漁」という緑と赤のフェリー。

そそくさと乗り込み、番号のところで着席!

大島へ到着する時にちょっと揺れたけど、後は船の上と気づかないくらい、穏やかな2時間半でした。(船酔いで吐くかと思ったけど大丈夫でした!)

【フェリーV.S.飛行機アクセス比較まとめ】

高速ジェット船・飛行機、どちらも利用した私のオススメは…、

飛行機!!

しょっちゅう行くとなると料金の部分がネックだけれど、私のように年1回ペース&長く滞在しないのであれば、少し高くてもサクッと到着する飛行機を選ぶかな。

頻繁に訪れる方や滞在日数が長いのであれば、1番リーズナブルな大型客船を利用するのも良いですよね。

料金を取るのか、滞在時間で取るのか、で決めてもいいと思います。

2018年9月の運行表まとめ

運行日によって時刻表は変わりますので、必ず各社HPで確認してくださいね。

【東京→新島】東京発新島着
高速ジェット船7:3010:10
飛行機8:309:10
飛行機11:0011:40
飛行機15:0015:40
大型客船23:00翌朝7:30
【新島→東京】新島発東京着
飛行機9:3010:10
大型客船10:4517:40
飛行機12:0012:40
高速ジェット船14:0016:50
飛行機16:1016:50

 

ではでは、最高に楽しい新島で良い時間をお過ごしくださいねー!!

動画で見たい方はこちら!

新島旅行なら、こちらもおすすめ!

【新島 保存版】絶品グルメと居酒屋メニュー&訪れるべき観光スポット新島の絶品グルメと居酒屋メニュー 明日葉と岩のりのパスタ/親水公園 衝撃的に美味しかった明日葉と岩のりのパスタ。また絶対食べたい...
【新島の夏休みブログ】新島のすばらしさとおすすめを写真100枚で伝えます!東京 新島で楽しい3泊4日の夏休みを過ごしました。新島の島民おすすめの観光スポットやご当地グルメ、温泉へ連れてってもらいました!観光モデルコースの一例として旅の計画の参考になったら嬉しいです。ぜひ、お楽しみください。...
新島の温泉は源泉掛け流し?3つの温泉のおすすめを紹介します!【東京都】こんにちは、温泉ソムリエeriです☆ 東京から35分で行ける、伊豆七島の一つ「新島」。 島旅でももちろん私は温泉を探し求め、現地...

お隣 式根島もオススメあるよ!

式根島の過ごし方♡絶景観光スポットのおすすめをご紹介します☆こんにちはー!温泉ソムリエeriです。 今日は、新島のお隣・式根島の紹介をしていきます(*^_^*) http://onse...
ABOUT ME
温泉ソムリエeri
温泉愛好家。温泉旅を楽しむ天才。主に執筆業。2013年「温泉ソムリエ」取得。1990年生/東京在住/エステティック専門学校卒。温泉と美容の知識を合わせて温泉の美容力を提唱。温泉街の楽しみ方を発信。ミッションは「温泉街活性化」「温泉で癒される人を増やす」