宿泊記

長野 沓掛温泉 満山荘【お部屋/食事/アメニティ編】温泉旅館宿泊記

こんにちは、温泉ソムリエeriです。

東京は桜の花が散り葉桜となったころ
長野県 沓掛(くつかけ)温泉へ行ってきました。

eri
eri
最高だから紹介しちゃうよ〜!

 

 

沓掛温泉どこにある?

沓掛温泉は、長野県青木村というところにあります。

  • 長野駅から車で約70分
  • 上田駅から車で約30分
  • 松本駅から車で約60分

青木村には、沓掛温泉以外にもうひとつ「田沢温泉」があります。沓掛温泉とは姉妹のようなもの。こちらの「田沢温泉」も、本当に素晴らしい温泉なので是非チェックしてください!

全身に気泡がぎっしり!田沢温泉 共同浴場「有乳湯」がめちゃめちゃ大好きになった!【長野県】こんにちは、温泉ソムリエeriです☆ 今年の4月頃、長野県にある【戸倉国民温泉】へ初めて訪れたのですが「めちゃめちゃよかった!」と...

今回は松本駅から安曇野経由で向かいました。麻績インターから約30分ほど、ほのぼのした道を通って沓掛温泉に到着です。

満山荘は、もともと長野県内の「奥山田温泉」で運営していましたが、温泉の出が悪くなってしまったことから沓掛温泉へお引越しをされたそう。

満山荘が沓掛温泉で旅館運営にを始める前には、「日本秘湯を守る会」の仲間だった「おもとや旅館」がありました。おもとやさんが旅館を辞められてしまうことから居抜きで譲り受けたそうです。

ですから、「満山荘」がこの地で旅館を始めたのはここ数年の話ですが、建物自体はうん十年前から大切に使われてきたものなんですね。

陽が差し込み、明るいロビー

 

チェックインは14:00〜。温泉を目一杯楽しみたいので15:00過ぎごろ、早めに到着しました。ロビーでチェックインの手続きをします。

 

ウェルカムドリンク&おやつに、蕎麦粉のクッキーと蕎麦茶をいただきました。蕎麦粉は青木村で採れたもので手作りされたクッキーだそう。こういうお気遣い、うれしいな。

建物は地上3階、地下1階。
フロントは1階、客室は1〜3階、ラウンジは2階、温泉と食堂は地下1階にあります。

エレベーターは無いので移動は階段のみ。迷路のような造りなので、来た道を覚えておかないと帰れなくなります笑。

お部屋の紹介

今回のお部屋は【バストイレなし 和室】のタイプを予約しました。ほかにバストイレ付きのお部屋も同額で空いていましたが、バストイレなしの客室はリニューアル済みだそうで、こちらを選びました。

扉を開けたら、ベッド2台と縁側にゆりかご、洋服タンスがあります。

アメニティ

アメニティはバスタオル・フェイスタオル・作務衣・羽織・歯ブラシ。お部屋に洗面台が無いので、洗顔や歯磨きは同じ階にある共用洗面台を利用します。

温泉

満山荘のお風呂は2ヶ所。それぞれのお風呂に内湯と露天風呂があります。

翌日に男女入れ替えとなるので、1泊の滞在で両方入れるのがウレシイですよね。

温泉について、別記事で詳しく紹介します!

極上ぬる湯体験!「沓掛温泉 満山荘」の温泉レポ長野県 沓掛温泉 満山荘の温泉レポ! 宿泊記編はこちら https://onseneri.com/trip/hotel/12...

夕食・朝食

夕食は18時30分から、宿泊客一斉スタートです。前回の宿泊のときと良い意味で変わらない夕食の形でした。前回の夕食時に感じた感動を今回も楽しみたかったので良かった!

華やかな盛り付けの前菜から始まり、

天ぷらは揚げたてのものが一つずつ運ばれてくるからサクサク。

信州サーモンや長野のお野菜、山菜や野沢菜など長野づくしの懐石料理です。

一緒にいただいたのは、長野のお酒「大信州」!!!これ美味しいよね♡

ラウンジ

2階にはまったりとくつろげるラウンジがあります。大広間のような感じ。

冷蔵庫に入っているワイン、地酒が飲み放題!さらに宿泊日がキャンペーン中だったので生ビールサーバーもおいてあり、こちらも飲み放題!

温泉がある地下1階と階段で繋がっていたので、湯に浸かり→ラウンジでのんびり‥と永久にできてしまいます笑

宿泊した感想

沓掛温泉 満山荘はいかがでしたでしょうか。

わたしは久しぶりの満山荘ステイが、もうあまりにも心地よくて幸せだーーーと何度も思っていました!

暑い日が続くので、こんなぬる湯に浸かってみませんか♡

施設の情報

施設名沓掛温泉 満山荘
住所長野県小県郡青木村沓掛434
電話番号0268-49-2002
宿泊代(参考)1泊2食付き 16,500円
公式サイトhttps://manzanso.jp/
ABOUT ME
温泉ソムリエeri
温泉愛好家。温泉旅を楽しむ天才。主に執筆業。2013年「温泉ソムリエ」取得。1990年生/東京在住/エステティック専門学校卒。温泉と美容の知識を合わせて温泉の美容力を提唱。温泉街の楽しみ方を発信。ミッションは「温泉街活性化」「温泉で癒される人を増やす」