『婦人画報2019年1月号 別冊付録』が充実の読み応え!神すぎて永久保存版にする!

こんにちは!温泉ソムリエeriです。

平成最後の師走です!お元気ですか?

 

温泉マニアの方は是非とも書店で手に取っていただきたい、充実の一冊に私…出会ってしまいました。

 

(タイトルにネタバレしちゃっていますが笑)

 

それがこれ、『婦人画報2019年1月号』付録です。

 

 

手に取って1ページずつめくるこのワクワク、ドキドキする感覚、やっぱり素敵だ。本ってすごい!と改めて感じました。

 

 

「いつか行きたいなー」ってなんとなく感じる宿は、雑誌やネットSNSなどでたくさん探せていますが、

 

「いいな〜」と思った時から、そのまま「旅の計画をはじめる」というところまで進むことって、なかなかないですよね。

 

自分のスケジュールはもちろん、予算もあるし、季節もあるし、交通手段やら、誰と行こうやら、決めることはたくさんあるわけで。。

 

 

この本はね、なんというか
旅欲がふつふつ湧き出てしまうような一冊です!!

 

もう、いろんなお宿さんのホームページをチェックしまくりました!!笑

 

掲載されていた宿は、私の生活水準から行くとご褒美で行くような、いわゆる“憧れ旅館”が多めに載っていたので、

 

毎月、毎週、と伺うのは難しくて

 

半年に一回、一年に一回、と定期的に伺うとしても、すべての宿を行き尽くすには何十年かかるんだ…と生涯スケジュールで計算しちゃいました笑。

 

もうこれ、本当に読んだら後悔しますよ。(笑)

だって旅欲が湧いて湧いて、仕方がないんだもん(笑)

 

 

掲載されていた施設の半分くらい(20箇所くらい)が、先日拝読した石井寛子著『感動の温泉宿100』にも掲載されていただったので、

 

「あ、ここ石井さんもオススメしてた!」と読んでいてウキっとしました^^

 

わたしは、まだまだ片手で数えるほどしか制覇していなかったので、これから行きたい宿が格段に増えてうれしいな〜♡

 

ひとまずチェックしたのは、

  • 天空の森(鹿児島)
  • ホテル祖谷温泉(徳島)
  • 翠(長野)
  • 里山十帖(新潟)
  • 旅館藤もと(熊本)
  • 草円(岐阜)
  • 阿讃琴南(香川)
  • 妙見石原荘(鹿児島)
  • 藤井荘(長野)
  • だいこんの花(宮城)
  • 風の森(佐賀)
  • 仙寿庵(群馬)
  • 里の湯(福島)
  • 金門坑。(大分)

 

こんな感じ。多い…😂♥︎

 

温泉めぐりがまた楽しみになりました。

お気に入りの湯に出会えますように…!