温泉ソムリエが選定!紅葉が楽しめる温泉街と絶景スポットまとめ【東北編】

こんにちは!温泉ソムリエeriです☆
昨日、ウェザーニュースで全国紅葉情報の発表がありましたね!!

既に大雪山や山形蔵王では見頃を迎えているそうです。(もっと早く紅葉温泉の記事を書けば良かった・・・)

全国的に今年は、平年並みの見頃予想となるそうですよ^^

では、東北から紅葉を楽しめる温泉街をご紹介して行きます☆

青森県

十和田温泉郷【奥入瀬渓流】

およそ14kmに及ぶ奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝及び天然記念物となっています。この渓流沿いはとてつもなくマイナスイオンにあふれています。

晴れの日はもちろん過ごしやすくて気持ちのいい渓流散歩を楽しめますが、雨の日や雨あがりもオススメなのがここ。

雫に濡れた木々の呼吸音が聞こえてしまうのではないかと思うほど生き生きとキラキラした森になるのです。そんな秋色の奥入瀬渓流に是非行ってみてください☆

【奥入瀬渓流の紅葉予想】
例年の色づき始め:10月上旬
例年の紅葉見頃:10月15日~10月25日
紅葉する木の種類:ブナ、カエデ、トチノキ、オニグルミ、ヤマモミジ、カツラ

2017年10月28日(土)・29日(日)は『奥入瀬渓流エコロードフェスタ』という紅葉イベントが開催予定です。

奥入瀬渓流ホテルがおすすめ!

そんな奥入瀬渓流の近くにあるのが奥入瀬渓流ホテル。ここの内湯では青森らしくリンゴがプカプカ浮いているりんごの湯が楽しめます。無色透明の湯でりんごの爽やかな香りが漂います。

また敷地の外にある露天風呂は白濁した温泉が楽しめます!ゴーーっと流れ落ちる滝を見ながらのんびりと出来てオススメです。

蔦温泉【蔦沼】/青森県

蔦沼では、紅葉した木々が水面にうつり素晴らしい絶景が楽しめます!よくポスターなどでも使われているので見たことある方も多いかも。新鮮な空気の中、人混みも少ないので朝の鑑賞がオススメ!

【蔦沼の紅葉予想】
例年の色づき始め:10月中旬
例年の紅葉見頃:10月中旬~10月下旬
紅葉する木の種類:ブナ

蔦旅館がおすすめ!

蔦沼から車で3分のところにある蔦温泉は、足元湧出のナトリウム・カルシウムー硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉。歴史の古いレトロな建物で味わう温泉は極上です!
詳しくはこちらを読んでみてね。

心をふっと解き放たれた「蔦温泉旅館」。足元湧出の源泉掛け流し【青森県】

宮城県

鳴子温泉郷【鳴子峡】/宮城県

V字渓谷の鳴子峡はこの時期が1番オススメ!紅葉の時期限定で、鳴子温泉駅〜鳴子峡〜中山平温泉を通る臨時バスが運行しますよ。その名も「紅葉号」!この臨時バスは、私も大っ好きな「しんとろの湯」を通るので、紅葉狩りを楽しんだ後に是非行ってみて!

参考

鳴子峡臨時運行バス「紅葉号」の時刻表運行期間:2017年10月14日(土)〜11月6日(月)

【鳴子峡】
例年の色づき始め:10月中旬
例年の紅葉見頃:10月下旬~11月上旬
紅葉する木の種類:ウリハダカエデ、コシアブラ

鳴子温泉郷は全11種の泉質のうち、9種類も楽しめる温泉郷。こちらの記事で鳴子温泉郷の魅力を全身で伝えたのでよかったらみてくださいね。

全11種のうち9種も楽しめるスペシャル温泉・鳴子温泉郷を紹介!【宮城県】

秋田県

鶴の湯旅館

鶴の湯旅館は、その旅館そのものが紅葉絶景スポット!色付いた山間をバックに門の前で撮ると素晴らしーい紅葉写真が撮れます☆入浴中も紅葉露天が楽しめるので秋の入浴がオススメ!

【鶴の湯旅館】
例年の色づき始め:10月中旬
例年の紅葉見頃:10月下旬~11月上旬

山形県

銀山温泉街

銀山温泉は銀山川を中心にお土産屋や旅館が並ぶ温泉街があります。秋が深まるにつれ山々が色づいて行きます☆銀山はどの季節も本当に絵になるので、いつ行っても朝も夜も全部おすすめ!

【銀山温泉】
例年の色づき始め:10月下旬
例年の紅葉見頃:10月下旬~11月上旬
紅葉する木の種類:モミジ、ナラ、カエデ、ウルシ

福島県

土湯温泉街/福島県

土湯温泉は福島駅から車で30分ほどのところにある温泉街です。温泉街周辺に宿が集まっているので湯めぐりもしやすくてオススメ。観光協会の前に、その日の日帰り入浴の受付時間が書いてある看板があるので、土湯温泉に着いたらまずはここでチェックを!

【土湯温泉】
例年の色づき始め:10月上旬
例年の紅葉見頃:10月中旬~10月下旬
紅葉する木の種類:ヤマモミジ、ナナカマド、ウリハダカエデなどカエデ類7~8種類、ナラ、ブナ、クヌギ

いかがでしたか?

今日は紅葉観賞が楽しめる温泉地・東北版をご紹介しました。今年は色鮮やかな紅葉が期待出来るそうです^^紅葉と、そして温泉。是非秋を楽しみましょう!