宿泊記

山田屋温泉旅館「やまぼうし」に宿泊!秋の絶品料理と温泉サウナ

こんにちは!温泉ソムリエeriです。

大好きな温泉旅館に宿泊をしました。北陸新幹線 軽井沢駅から車で約1時間。群馬県 嬬恋村にある【つま恋温泉 山田屋温泉旅館】

何度もお世話になっている旅館で、詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

草津温泉の仕上げ湯にオススメ!嬬恋村 源泉掛け流し宿【山田屋温泉旅館】入浴取材レポ2022年10月追記:コロナ禍を経て一部施設の利用が不可となっております。 大浴場 女湯:客室つつじに宿泊したお客様専用となりました。...

今日は秋の絶品料理を堪能してきたので、ご紹介いたします!

\ 動画で見たい方はこちら /

お部屋は「やまぼうし」

全6室ある中で、今回は初めての宿泊となる「やまぼうし」を選びました。

やまぼうしはお部屋は和室8畳と他のお部屋と比べるとこじんまり気味。ですが、お部屋の中の階段を降りると半露天風呂がある素敵なお部屋です。

山田屋温泉旅館さんは全ての客室のつくりが異なっていて、一つとして同じ間取りや雰囲気のお部屋がないのです。お部屋選びから楽しいのもこちらの旅館の醍醐味です。

【予約前に読みたい】山田屋温泉旅館のお部屋選び!オススメは?群馬県 嬬恋村の山田屋温泉旅館さん、それはそれはまぁ素敵な施設で せっかく過ごす時間、快適な時間を過ごしたいですよね。 というこ...

温泉

お部屋の階段を降りると、広々とした脱衣スペースがあります。

マッサージチェアやテレビ、小さな洗面台や冷蔵庫、ソファにお手洗いなどなんでも揃う脱衣所です。

中に入ると、陶器で出来たお風呂にはなみなみ温泉が注がれていて、周りには石が敷き詰められている素敵な空間。

ひとり分の洗面スペースに、休憩椅子(ととのい椅子?)まで置いてあります。窓から時折吹く風が気持ちいい…♡

さらにこのお部屋には箱蒸し風呂まで置いてあります。スイッチを入れてしばらくして温まるので、サウナ同様に湯船で身体を温めてしっかり水気を拭いてからイン!顔だけちょこんと出せるのですが、これがまたシュールな絵でして。じわじわ蒸されていき毛穴からあらゆるものが出た…気がします。

温泉と蒸し風呂がお部屋の中にあって、貸切でしかも浸かり放題というのも嬉しいポイントです。

 

秋の絶品料理

温泉ももちろん大好きなのですが、山田屋温泉旅館さんの一番の推しと言っても過言ではないのがお料理。夕食も朝食もキラキラとしていてエンターテインメント性もあり、味も彩りも映えも完璧なのです。

ブルーベリーと梅の2種の食前酒から始まり、前菜八寸の盛り合わせは丸太に乗ったススキやもみじなどの秋の植物らが美しいお料理を彩っていました。

鹿肉ジャーキー、あわふ田楽、岩菜味噌たたきなど自分が作れないものをいただけることも贅沢だし、揚げ銀杏や栗おこわなど季節の食材をたっぷりと楽しめるのは山田屋温泉旅館ならでは。秋野菜の酢の物や鴨丸と冬瓜のお椀など、レシピを真似してつくってみたくなるお料理に出会えるのもいいですよね。

デザートのモンブランは今まで食べた中で一番とびっきり美味しいモンブランでした。(そしてかわいい)

朝食はカゴ盛りになっていて、美味しい新米ご飯にあうおかずが少しずついただけます。朝からご飯3杯おかわりして夕方までお腹が空きませんでした笑。

貸切風呂はサウナ付き!

山田屋温泉旅館さんは貸切風呂が無料で利用することが出来ます。1グループ40分制でチェックイン順に利用時間が決められていました。私たちは16:00頃チェックインをして、貸切風呂は16:40〜の回でした。

お部屋で少しゆっくりしてから行けました!

身体を洗って大浴場で温まってサウナに入って、水シャワーして外気浴して…と思い切り楽めました。40分がすごく短く感じたほど!

(ととのっていたら写真を撮る時間がなくなってしまっていい写真がないのですが)

今回は姉妹旅行でしたが、夫婦やカップルでも貸切でサウナを楽しめるなんて良いですよね!この貸切風呂は、元々男性用の大浴場として利用されていたので、脱衣所のカゴや洗い場の数もいくつかあって、想像の“貸切風呂”よりもずっと大きくて広い浴室です。

まとめ

今回4度目の宿泊でした。本当に好きすぎて勿体ぶってなかなか記事に出来ていなかったのですが、4度目にしてやっと宿泊ブログを書くことが出来ました笑。

山田屋温泉旅館さんはこんな人におすすめです。

  • 温泉を貸切で利用したい(温泉付きの部屋がいい)
  • おいしくて美しい料理を食べたい
  • 空気がおいしい場所でゆっくりしたい

お部屋はすべて雰囲気やつくりが異なるのでお部屋選びも楽しんでくださいね^^

【予約前に読みたい】山田屋温泉旅館のお部屋選び!オススメは?群馬県 嬬恋村の山田屋温泉旅館さん、それはそれはまぁ素敵な施設で せっかく過ごす時間、快適な時間を過ごしたいですよね。 というこ...

▶︎予約サイトを見てみる!

ABOUT ME
温泉ソムリエeri
温泉愛好家。温泉旅を楽しむ天才。主に執筆業。2013年「温泉ソムリエ」取得。1990年生/東京在住/エステティック専門学校卒。温泉と美容の知識を合わせて温泉の美容力を提唱。温泉街の楽しみ方を発信。ミッションは「温泉街活性化」「温泉で癒される人を増やす」